借金返済地獄にハマってしまう前に、銀行のおまとめローンを!

銀行カードローンの使い道

札束の山 銀行系カードローンの使い道は、契約者が自由に決めることができるため、社会生活を豊かにするうえで必須のツールとして扱われることがあります。特に、低金利の銀行を選ぶことで、返済時の負担を軽減できます。

カードローン利用時の注意点

貯金をする男性 カードローン利用時のトラブルを防ぐために、各銀行が定める審査基準や融資の方法について、早期に注意を払うことがおすすめです。また、貸付金利を比較するにあたり、複数社の動向に目を向けることが大切です。

即日融資カードローンの利点

現金を取り出した手 即日融資は、様々な職業に就いているカードローンの利用者の間で、利用価値の高いサービスとして親しまれています。中でも、外出先などで融資を受けられるカードローンに関しては、利用者の顕著な増加がみられます。

銀行のおまとめローン

あえて借金をしなくても、クレジットカード現金化のサービスを利用すれば、急な入り用でもお金をすぐに調達することができますよ。

お札を数える手

銀行では、おまとめローンという専用の商品はありませんが、カードローン、フリーローン、不動産担保ローンなどをおまとめ目的で利用をすることができます。金利が低いのは不動産担保ローンですが、土地や建物などの不動産に抵当権を設定する必要があります。不動産の価値を把握するための現地調査が行われるので、審査には1ヵ月以上かかることも多いです。 無担保で手軽に借りられるのは、カードローンやフリーローンとなります。銀行の公式ホームページの商品説明ページを見て、「借り換え・おまとめ目的での利用可」などと書かれていたら、おまとめローンとして利用ができるということになります。そのような記載がなくても、2社から20万円ずつ借りていて、銀行カードローンで合計40万円を借りておまとめするといったことならできる可能性があります。

銀行でおまとめローンをする時に大きなハードルとなるのが、審査です。銀行で借りる場合には、3社以上から借りている人は難しくなるでしょう。しかし、3社から50万円ずつを借りているといったケースでも、安定した職業に就いていて十分な年収がある人なら、審査に通る可能性はあります。銀行の審査では、総合的な属性が重要になるので、年収が高い人、公務員などの安定職に就いている人などは、借入件数が多かったり、借入金額が大きかったりしても、審査には通る可能性が高くなるでしょう。また、土地などを担保に入れる場合なら、銀行側のリスクが下がるので、おまとめローンが成功する可能性は高いです。一般的には、借入件数が2件、金額も少ないうちにおまとめローンをしてしまうべきであると言われています。

トピックリスト

金欠のお財布 「借金返済地獄にハマってしまう前に、銀行のおまとめローンを!」のトピックリストです。